JAPANブランド欧州販路開拓プロジェクトマネージャー・おもてなしキュイジーヌ代表 ・由紀 ダルモン 市川

 東京出身、フランス在住歴通算14年。フランスのラグジュアリーブランド(ゲラン、カルティエ等)やシャンパーニュ・パイパーエドシック、世界屈指のキッチン用品ブランド(ストウブ、ツヴィリング等)の商品開発や販売戦略、宣伝企画広報やWEB展開など、マーケティング業務全般に16年間携わる。

 2013年 WASHOKUの魅力と食にまつわる日本のものづくりを世界へ発信&拡販するため Omoténashi Cuisine おもてなしキュイジーヌ(フランス語で「おもてなし料理」の意)www.omotenashicuisine.com を開設。

 2014年「経済産業省JAPANブランドプロデュース支援事業」に採択され、MORE THAN PROJECT プロデューサーとして創業210年「弥左エ門窯」のモダンブランドARITA PORCELAIN LABの海外市場進出を計画実施。有田焼創業400年事業として佐賀県が出展した欧州最大級のインテリア・デザイン国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」を4年連続でパリのメゾンワを拠点に営業支援。2017年も引き続きARITA PORCELAIN LAB 欧州担当として現地サポートを続ける。

   2015年フランスの老舗香水ブランド ゲランへ提案した有田焼400年記念企画「アリタポーセリンラボ製ミツコ有田焼ボトル」が2016年、日本とフランスで盛況のうちに完売。ゲラン旗艦店シャンゼリゼブティックで開催された  GUERLAIN X ARITA 展覧会は 45,500人の来場者数を記録し、フランス有力メディア 30件の露出を獲得。2017年にはゲラン本社からの依頼により第2弾となる「フォール フラワーズ」を世界発売。アリタポーセリンラボのブランド知名度を着実に上げながら、欧米市場における売上アップのため、9月のメゾン・エ・オブジェでフランスの名門テーブルクロス「ボーヴィレ」とのコラボ展示により欧米のライフスタイルに溶け込む有田焼を世界にアピール。

MORE THAN PROJECT コラム記事

最盛期の5分の1まで売上が落ち込んでいる有田焼。最大級の窯元は、民事再生を申請せざるを得ないほど追い込まれた。そんな窯元がV字復活を遂げたきっかけのひとつが、有田焼400年の節目に実現したフランスのラグジュアリーブランド「ゲラン」とのコラボ商品の発売。なぜ、ラグジュアリーブランドと手を組むことができたのだろうか。キーパーソンとしてコラボ商品の企画を仕掛けた豪腕プロデューサーの市川由紀さんに、詳しく話を聞いた <続きを読む>

PROJECTS 実績

T Ladurée X ARITA PORCELAIN LAB 2018 May

パリの老舗パティスリーメゾン・ラデュレのお茶の新しいブランド「テ・ラデュレ」とコラボレーションし、特別ブレンドのフレーバーティーを有田焼の茶筒に入れて数量限定発売。紅茶とストロベリー、ウーロン茶をベースにヤグルマギクを散りばめた2種類のフレーバーティーを楽しむことができ、有田焼の伝統モチーフをラデュレらしくアレンジした上品で愛らしい茶筒デザインが好評です。

Beauvillé X ARITA PORCELAIN LAB at Jan MO2018 Paris

フランスの高級テーブルクロスブランド「ボーヴィレ」によるアリタポーセリンラボ JAPAN SNOW テーブルクロスを、2018年1月のメゾン・エ・オブジェで食器の新ラインナップとともに発表。鳳凰、竹、梅、桜、菊、七宝の吉祥文様を散りばめた木甲桐紋は有田焼の伝統絵柄ですが、テーブルクロスとペンダントランプがアリタポーセリンラボのモダンなテーブルウェアと互いに華やかに引き立てあい、世界中のバイヤー様に食空間の新鮮な息吹を提案できました。

ボーヴィレの新作クロスにARITA PORCELAIN LAB のテーブルウェアをコーディネイト。両社が誇る職人技の賜物が互いの品質を高めあい、一際目を引くプレゼンテーションに成功。コラボの舞台裏はこちら


GUERLAIN BY ARITA PORCELAIN LAB 第2弾 Fall Flowers 発売

朝露に濡れる花々が並ぶフラワーマーケットをイメージした「フォール フラワーズ」にふさわしいボトル創作のご依頼を受けてアリタポーセリンラボが挑んだのは、磁器の持つ白さと透明感を一層引き立てる有田焼の伝統的な色彩。ボトルには秋に開花するサザンカにインスピレーションを得たデザインを施し、キャップにはブーケの香りを心揺さぶるように放つ華麗なバラを冠しました。花びらは朝露が滴り落ちるイメージで象られ、熟練の職人により一つ一つ手描きでゴールドが縁取られています。2017年10月1日数量限定発売。

フランスの名門テーブルクロス「ボーヴィレ」と有田焼のコラボ

2017年9月のメゾン・エ・オブジェで1756年創業のフランス高級テーブルクロスメーカー「ボーヴィレ」の展示に有田焼の食器をスタイリング。日本食で使うものと決めつけがちな有田焼を伝統的なフランスのテーブルクロスにあわせることで欧米の食空間にも自然に調和することをアピールした結果、世界中のバイヤー様から賞賛の声とともに数多くの引き合いをいただくことができました。コラボ発表の様子はこちらからご覧ください。

有田焼のイメージに相応しい創業400記念PRイベントの実施

GUERLAIN X ARITA を記念して有田焼400年の伝統と、次世代への取り組みをアピールするため、パリのゲラン旗艦店にて有田焼の展覧会を2016年11月17日〜2017年1月8日に開催いただきました。華やかなクリスマス イルミネーションに彩られ、シャンゼリゼ通りが最も賑わう時期とあって世界中から 45,500人の来場者にご覧いただくことができました。有田焼展覧会開催中のゲランブティックは日本に敬意を表し「ジャルダン・ジャポネ(日本庭園)」をテーマに見事なディスプレイを展開。展覧会の様子はこちらからご覧ください。

Download
プレス発表会および展覧会で配布したパンフレット
CATALOGUE_ARITAxGUERLAIN.PDF
Adobe Acrobat Document 4.4 MB

ラグジュアリーブランドとのコラボ実績 GUERLAIN BY ARITA PORCELAIN LAB 2016

フランスの老舗化粧品ブランド「ゲラン」様に有田焼創業400年記念企画として ARITA PORCELAIN LAB 特製ボトルを香水「ミツコ」にご採用いただきました。ゲラン5代目調香師 ティエリー・ワッサー氏と弥左エ門窯7代目当主 アリタポーセリンラボ代表 松本社長がスピーチされたプレス発表会の様子をこちらからご覧ください。

 

日本では有名でも欧州では無名なJAPANブランドの海外販路開拓で重要なのはメゾン・エ・オブジェでの見せ方と商談実務経験

有田焼創業400年事業として欧州における有田焼のリブランディングと販路開拓を目指し佐賀県が出展したパリで開催される欧州最大級のインテリア・デザイン国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」を3年連続で営業支援し(2014年9月2015年9月2016年1月)、欧州をはじめオーストラリアやアメリカ等の取引先と商談を多数成立。この経験をいかし、日本の職人技が光る伝統工芸品をブランディングしながら欧州市場で紹介し、実売につなげるため世界市場のニーズにあった商品開発と販路開拓、アフターセールスから商品メインテナンスに至るまで、JAPANブランドの長期的な海外進出を一環して支援して参ります。


メゾン・エ・オブジェ出展後の現地サポートはメゾンワを拠点に

美食の町リヨンから日本のおもてなし料理を世界へ

世界中から食通が訪れる美食の町リヨンを拠点に日本料理の気軽な楽しみ方の啓蒙に取り組んでいます。一般のフランス人には高額な有田焼のテーブルウェアも、料理教室とからめて「おもてなし」提案すれば、自宅で手料理をふるまうのが好きなフランス人の財布の紐も緩むのです。「美味しい和食の作り方を、日本の食材を紹介し、調理道具の使い方を教えながら、素敵な器に盛り付けて、四季の美しさと味わいを楽しむ"日本の嗜み"を広めていきたい」(ローヌ-アルプ地方新聞 Le Progrès 記事掲載)美味しいものは理屈抜きで人の心をうつものです。日本を旅行したフランス人は皆さん口を揃えて日本人のおもてなしの精神に感動したと言います。私もできることから少しずつ、一日本人として誇り高く活動して参りたいと思います。リヨンで実施している Ateliers de Cuisine Japonaise の様子はこちらからご覧ください。